紙幣と電卓を持つ人

投資に不安を感じているなら|みんなで大家さんなら安心です

マンション投資に必要です

女性

業務軽減効果があります

マンション投資者にとって、家賃保証システムはとても魅力的な制度と言えます。家賃保証というのは、マンション管理会社に入居者管理を委託する契約を行うことです。マンション経営が順調に進んでいる時は問題ありませんが、マンション投資には空室、家賃滞納リスクが起こります。これら空室リスク、家賃滞納リスクが発生すると、家賃収入にも大きな影響を与えます。家賃保証システムは、マンション投資のリスクを回避してくれるメリットがあります。家賃保証会社とマンションの管理委託契約を結ぶことで、たとえ空き室で出ても毎月家賃が入ってくるようになります。また入居者と直接に顔を合わせることがありませんので、賃貸経営が初めての方も安心して利用できるのが大きなメリットと言えます。このように家賃保証システムを利用すれば、マンションオーナーの業務を軽減できます。

双方のメリット

マンション投資者の中には、家賃保証システムを利用する人も少なくありません。家賃保証システムは、マンションに入居する人にもメリットがあります。マンションなどの賃貸契約を行う場合、連帯保証人が必要です。連帯保証人がいないと建物の賃貸契約ができません。しかし家賃保証システムがあれば、入居者に連帯保証人がいなくても保証会社がすべて保証してくれます。そのため連帯保証人がいなくても、建物の賃貸契約は可能です。家賃保証システムは、このようにマンション投資者、そしてマンションの入居者それぞれにメリットがあるのが特徴です。最近は家賃保証システムを利用する会社が増えていますので、マンション経営に自信がない方は利用してみるのもおすすめです。